熱中症になりやすい人、なりにくい人このページを印刷する

熱中症は暑い日に起こりやすいのですが、みんながそれほど暑いと思わない程度の気温でも、熱中症の症状を起こす人はいます。その人の年齢、体調、病気、水分の取りかた、住居の環境、運動や労働の程度、暑さに慣れているかといった、いろいろな要素がからんで、熱中症は起こったり、起こらなかったりするのです。
熱中症をよく知って備えをすれば、暑い季節をじょうずに乗り切ることができますから、熱中症についての常識的な知識を身につけておきましょう。

監修:朝山 正己(中京女子大学 健康科学部 教授・同大学院健康科学研究科教授)

2. 熱中症になりやすい人の「なぜ?」

子ども---体温は、暑い環境で上がりやすく、下がりにくい。

子ども、とくに乳幼児に熱中症が多いことは、はじめに触れました。ではなぜ子どもの熱中症が多いのでしょう?

暑い環境では、人間は汗をかいて体表面から汗を放散し、体温を37℃程度に保とうとします。 しかし体温を一定に保つ機能には限界があります。とくに子どもはおとなにくらべて、体温の調節機能があまり発達しておらず、また体の大きさにくらべて体表面積が大きく、環境の温度変化の影響を受けやすいため、子どもは熱中症になりやすいといえます。

しかも乳幼児の場合、暑さを感じても、おとなのように自分で服を脱ぐのが難しく、自分で水分を補給することもできないのです。

高齢者---のどの渇きを自覚しにくく、脱水を起こしやすい。

お年寄りでは、室内にいても、水分補給が足りないため熱中症にかかる人が多く見られます。お年寄りが特に水分補給に注意しなければならないのはなぜでしょうか。

高齢者は体温調節機能が若いころより低下しており、周りの環境が寒いと低め、高いと高めで安定してしまいます。
また人は汗をかいて体温を下げようとしますが、高齢者では汗をかきにくくなっており、体温をうまく下げることができません。
それに加えて高齢者は、若い人よりも体内の水分量が少ないので、それほど汗をかいていないようでも、血液の濃度が濃くなってきます。こういうときは脳の働きで「のどが渇いた」と認識し、水を飲もうと思うはずなのですが、高齢者の場合はこの仕組みが低下しているため、渇きに気づきにくい「口渇感低下」という状態になり、水を飲むのが遅れるため、いつのまにか脱水を起こしてしまうのです。

体調・病気---体調の悪いときや、肥満、病気でも熱中症にかかりやすくなる。

子どもや高齢者が熱中症にかかりやすいことは、いままで説明してきましたが、このような「ハイリスク」の人は、ほかにもいます。
ハイリスクの人は、熱中症ガイドラインに当てはめて考えるとき、1段階上のランクに書かれた注意事項を守る必要があります。

体調が悪いとき

体調が悪いときは、自分の体温をコントロールする「体温調節機能」が低下し、ふだんは平気な程度の暑さでも熱中症を起こすことがあります。発熱、下痢、二日酔いなどで体調が悪いときは気をつけてください。

肥満の人

肥満の人は軽い運動でもエネルギー消費が大きく、熱の発生が多くなります。また脂肪が熱の放散を防ぎ、体温を閉じ込めてしまいます。このため体温が上昇しやすく、熱中症を起こしやすくなります。

病気がある人

高血圧、心臓病、慢性肺疾患、肝臓病、腎臓病、糖尿病などの内分泌疾患の人、寝たきりの人は、熱中症を起こしやすくなります。また発汗を抑制する作用がある薬、利尿作用がある薬、興奮性のある薬、抗精神病薬を服用している人は、薬の種類によっては熱中症を起こしやすくなります。

生活習慣・性格---暑さになれていない人、厚着が必要な職業、がんばりすぎ。

暑さになれていない人

急な暑さに会った場合。たとえば梅雨明けで急に暑くなった日。ふだん暑さになれていない人。暑い地域への旅行など。

厚着が必要な人

農作業で消毒をするとか、安全対策作業で厚着をしたり、安全服で全身を覆う場合。熱が発散しにくく、体内にこもって熱中症を起こしやすくなります。

がんばり過ぎる人

仕事や運動に無理してしまう人。屋外作業で、暑さが限界だと知りながら「もう一息だから」と、がんばる人。炎天下の運動で苦しくなっているのに「休んだら、みんなに迷惑がかかるから」と無理をしてしまう人。

梅雨明けは、とくに熱中症に気をつけましょう。

熱中症は、7月下旬から8月上旬の梅雨明け直後に特に多く、また梅雨の晴れ間で急に暑くなったときなどにも起こります。

とくに熱中症による死亡災害は、このグラフのように7月がもっとも多くなっています。これは、体が暑さになれていないため、熱中症にかかりやすいだけでなく、かかったときのダメージが大きくなるのだと考えられます。
熱さになれることを、専門的には「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」といいます。

熱中症による死亡災害発生状況(2003〜2005年分)

監修者紹介

朝山 正己(中京女子大学 健康科学部 教授・同大学院健康科学研究科教授)
1968年京都教育大学教育専攻科修了。医学博士(京都府立大学)。京都府立大学(衛生学教室)助手、愛知医科大学(生理学)講師、助教授を経て1986年より現職。
米国インディアナ大学医学部招聘教授、中国北京体育大学客員教授などを務める。
2001年、「スポーツ活動中の熱中症予防研究」に対して、第5回秩父宮記念スポーツ医科学賞奨励賞を受賞。日本生気象学会熱中症予防研究委員会代表幹事。

朝山 正己先生

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

検温方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

検温表

検温表

検温結果の記録に便利なチェックシートをダウンロードできます。 検温表

体温計入門

このページの先頭へ