体温は、測る場所によって異なる?このページを印刷する

体の温度は、部位によって違います。耳には耳の、ワキにはワキの「平熱」があるので、注意しましょう。

監修:三川 宏 (東京衛生病院麻酔科(元 杏林大学病院長))

測る場所によっても異なります

体の中心ほど高くて安定

ヒトの体は、表面や内部、またその場所によっても温度が違うことがわかります。手足や顔など、体の末端や表面の温度は、季節や環境の影響を受けます。
一方、体の内部の温度は、脳や心臓などの大切な臓器の働きを保つために、高く安定しています。この体の内部の安定した体温を「中核温」といい、これを測れば、安定した指標としての体温が得られますが、体の内部なので日常的には測れません。
体の中心ほど高くて安定

体内の温度が反映される場所で検温

そこで体に負担をかけずに簡単に検温できる場所として、ワキ(腋窩)、口(舌下)、耳、直腸など体と表面に近い場所が用いられています。
測定する部位ごとに検温に必要な時間や方法が異なり、得られる温度も異なります。平熱も部位により違うため、それぞれの部位の平熱を知る必要があります。

部位ごとに平熱があります

ヒトの体の温度は部位によって違うため、耳とワキの温度も基本的には異なります。また、グラフのように耳とワキの温度の関係は、同じ位の人、高い人、低い人とまちまちです。ですから、一概にワキと比較して高い、低いとは言えません。耳には耳の、ワキにはワキの”平熱”があるので、あらかじめ知っておくことが大切です。

日本はワキ、外国では!?

外国には歯ブラシ同様、家族一人ひとりが自分専用の体温計を持っている国があります。
それは、体温計を直腸内に入れて検温する習慣があるため。私たちには少し抵抗がありますね。また口(舌下)で検温する習慣を持った国もあります。日本ではワキでの検温が主流です。

監修者紹介

三川 宏(東京衛生病院麻酔科(元 杏林大学病院長))
1958年東京医科歯科大学医学部卒業。国立小児病院麻酔科医長、南カリフォルニア大学ロサンゼルス小児病院麻酔科、カンザス大学医学部麻酔科准教授、杏林大学病院長を経て現職。

三川先生からのメッセージ

「体温は、誰にでも測れる健康のモノサシです。」
脈拍や血圧、呼吸数、体温・・・人の健康には、さまざまなモノサシがあります。
なかでも体温は、ご家庭にある体温計で誰にでも気軽に測れる、もっとも身近な体調チェックの手段といえるでしょう。自分や家族の平熱を知ることは、血圧の正常値を知ることと同じくらい大切です。
体温の変調を見つけることで、病気に早く気づき、それだけ早く治療がすすめられます。
体温についての知識と正しい測り方を身につけてください。

三川 宏先生

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

体温測定の方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

検温表

検温表

検温結果の記録に便利なチェックシートをダウンロードできます。 検温表

体温計入門

このページの先頭へ